文鳥雑記

シルバー文鳥ラプの生活ブログです。

手元の日記を元に、過去のものはちまちまと更新して行きます。 (4月1日~4月末くらいまで)

DSC_9001b


得意げなラプからスタートです。
今日はひたすらラプのお写真です。私には珍しく。

友達がうちに遊びに来ました。

冬場は難しいのですが、暖かくなってきたらたまにうちにカメラを持ってきて写真を撮りつつラプにかまってくれればなと思っています。

ラプはうちに来た翌日には病院で、人を怖がらずなつっこいと言われて居ましたが、他人との接触がそれでも極端に少ないので最近じゃもうまったく他人がだめになってるのでは?と思ったのですが、一応手を出されると止まるし、昼に来て夜には自分で頭の上や肩に止まっていました。
一眼を見るのも去年の4月以来の割りに、後半には慣れたようで、手に載せながら撮っても逃げることなく。

DSC_8933b
一年も経ってないのに鈴がもう壊れてしまいました。
ケージに入って欲しいときなんかはコレで呼ぶとイッパツ。
ラプホイホイなのです。


DSC_9022c
そりゃあもう…鈴がきれいに撮れるのなんのって(笑)

DSC_9060c
器用に飛んできてこの持ち手の中に入り込むから感心します。

DSC_9097c
正面顔が撮りたいのに、なかなか撮れません。

DSC_9116c
ふっくら。
最近エサ入れに大きめのアクリルパーツなんかを入れるようになったら、ご飯をまんべんなく食べるようにはなったんですが、食欲が増しちゃって逆に心配です。
来月は検診だし!

DSC_9135c
この日はもう100枚以上撮ってやっと収めることの出来た正面顔でした。

DSC_9107c
一眼はぼかしがやっぱりキレイです。

実は先日iPhoneが5sから6になりました。
最新にした友人から譲ってもらったんですが、これからは日頃の写真もキレイに写せるといいなーと思います。


今シーズンに入ってから、夜、目が覚めた瞬間、保温電球の灯りがついているのを目にしてラプがパニックに陥るという事が何度かありました。


その度に、どうにかあやしたり、どうしても駄目という時は枕元にキャリーを持ってきてそこで一緒に寝たりしたこともあったのですが、条件が重なると怖くて仕方ないようなので、光らないと言われるゼンスイのセラミックヒーターに変えてみることに。


ちょうど春前だからか、前に検討したときよりちょっと安くなっていて得した気分ですが、それでも家で使っているマルカン40W の電球が1000円せずに買えることを考えると2倍のお値段でした。

アマゾンのレビューを見ると、不良品だとかなんとか評価はイマイチでしたが、楽天やYahooではコスパもよく、電球タイプより温まりやすいし、なにより明るくならないというので、試しに買ってみることにしました。


ここまで書いていると、「『暖突』オススメですよ!」という方もいらっしゃるかもしれませんが、暖突に関しては色々試行錯誤した結果、時間をかけて慣らしたものの、パニックは抑えられなかったため断念しました。
また何か機会があったら使うことがあるかもしれないので、とりあえずは保留。

ちなみに。
マルカン40Wのボディに、ゼンスイ・セラミックを取り付けていますが、推奨環境ではないと思うので自己責任です。

何もなければいいのですが、とりあえず触った感じは、マルカン電球はなんだかベタベタして餌ガラなどがくっついて、いつか燃えるのでは?なんて思っていましたが、ゼンスイセラミックはサラッとしてそういうのはありません。
ケージに取り付ける前に、何度か電球を点灯させ匂いを飛ばしてからつけました。

レビューにあったとおり、明るくなりません。

今のところ問題は起きていませんが、しばらく様子を見てパニックがなければ買い替えて良かったなーっといったところでしょうか。

本当に明かりにパニックになってるの?という疑問点も少しあります。
目が醒めた瞬間おもちゃのシルエットにびっくりしたっぽいということもあった気がしますが、電球のあるところを見て手をはなさない事がおおかったので、あくまで私の推測です。








CuAzvwsUkAAihJc



ラプが寝付かないときの対処メモです。


①夏場は28度を越えると寝付かない

②ケージカバーの隙間から灯りが漏れている

③スイングミラーの取り付け忘れ

④ご飯を本人が食べ忘れてちょっと腹ペコ

⑤最近はないけど、部屋の明かりをいったん消す(30秒位)→明かりをつける(20秒位)→ケージカバーをとじる動作をする(これで定位置に移動しなければ別の要因)

⑥抱っこが足りない


最近は、③④のどちらかなことが多いです。

このページのトップヘ